2012年08月03日

『AIR de MMA 4 Android+』リリース



AndroidマーケットURL
https://play.google.com/store/apps/details?id=air.air.AirDeMma4AndroidPlus

フリーのAndroidゲーム『AIR de MMA 4 Android』をボリュームアップして有料化したものです。
よりディープな総合格闘技ごっこができると思います。

120円(税抜き)で日米で販売です。
無料版を楽しんでいただけたならば、損をさせない自信があります。


posted by B.cos at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

マイケル・サンデル

先日、教育テレビでマイケル・サンデル氏の講義(?)をやっていて、受講者に原発再稼動や電気料金値上げ、瓦礫の全国処理などを賛成か反対かを聞いてその理由を掘り下げるのをやっていたんだ。
賛成なら白、反対なら赤のパネルをあげろってね。
「右に倣え」の日本人の意見が目に見えてここまでハッキリわかれるのは凄い事なんじゃないかと相方と驚いていた。
賛成反対の理由も理想か現実かの究極の選択だったり、誰を信用するかという信用の問題につながり、そもそも民主主義の考え方まで考えさせられる話にまで至った。
正解を決めずに意見や考え方、そのもととなる情報を掘り出すだけ出して、参加した人や見た人に考えさせるいい番組だったな思った。
それにしても40歳以下で「選挙に投票しにいってるか」ときかれてしていた若者が少ないことには腹が立った。
「いいリーダーがいない」というのはただの”ないものねだり”なわけで、理想的ではない現実でも少しでもマシになるよう自分で選択して、その選択に失敗したとしても自分もまた社会を作っているという実感を得るための行為であるのには間違いない。
納得のいかないルールもあるけれどそれでもなんとかマシにしようというのが大人だ。
それもせずに「あれもダメだ、これもダメだ」とこんな会場に来て、どこかから得た知識を並べて不平不満いってるのはガキのやることだ。
本人が税金払ってるならなおさらのこと。
「どうせやっても無駄」、だからキミタチは永遠に無責任なんだ。
そういえば、マイケル・サンデルの出した質問のなかで「政府を信じる?それともブログやツイッターを信じる?」というのがあったけど、嫌な質問だなあと(笑)
まっさきにブログ・ツイッターを信じるといった若者がいたが、本当に「若さだなあ」と思った。
信用は信仰じゃないからね。
20歳かそこらってヘンに頭でっかちで、現実見ないでマジョリティに逆らってればいいという感じなんだよなあ。
それは長いものに巻かれろってことじゃないのさ。

posted by B.cos at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

クラウドアプリっちゅーても要はWebアプリだろ、JK.

■「作ればわかる!GoogleAppEngineプログラミング」
1848960798_109.jpg
という本を買ってきた。
仕事でいろいろ経験していくうちに、サーバー側のプログラムを自分用にも作ってみたくなってきて。
「習うより慣れろ」というこの本のコンセプトは性に合う。
基礎項目を延々と並べた本よりも、実際に組んですぐ試せる例があるほうがよっぽど勉強になる。
とりあえずこの本買ったので、CDかゲームを来月買うのは諦める(笑)

■殺されるような気持ちでジムにいく
すっかり柔術がよわくなった。
いや、マジで。
青帯なのに。
前より身体が動かないし、反応も遅れる。
そしてやたらパスガード(寝技で上の人間がガードポジションをさばいて抑え込みにいく動作)されまくってるんだが。
パスガードを立ってやる人ばかりになってるね、多分。
あまり対処法持ってないな、俺。
まずい。

posted by B.cos at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

するめいかとか、enchant.jsとか

■するめいか


くっだらねえなーと思うんだけど、するめいか好きなんですわ。
単行本買ってしまった。
アニメのほうが自由で好きなんだけどね、うん。
AVコーナーとか。
またやってほしい。
個人的には八千穂が大好きです。
・・・・・・黒くて。


■enchant.js
http://enchantjs.com/ja/

HTML5+JavaScriptでゲームプログラミングしやすくなるライブラリなんだけど、なぜこれが10年以上前になかったかなあと思うね。
仕事の合間にちょろっといじったら、それぞれ2,3時間くらいかな、サクッとクリックゲーやブロック崩し作れた。
JavaScriptは言語の仕様的にあまり好きじゃないけど、このサックリ感はいいと思う。
プログラミングに興味のある少年とかはとりあえずこっから手を出したらいいと思う。
インターネットと、ブラウザとメモ帳があればよくて、コンパイルするための環境を整えるとか初心者殺しなさ業もないんだし。
仕事でもなにかしらのプロトタイプを作るならアリだと思う。
posted by B.cos at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

低放射線量について動物群集のフィールド調査が求められると思う。

環境に関係する学問で大学院を修了したものの義務と思って、ちょっと書いてみます。
自分の中のまとめとしても。

原発事故がおきてずいぶん経ったけど、一向に「動植物への放射能の影響」の学術的なフィールド調査について報じられてるのを聞いたことがない。

マスメディアの業界人たちが理系音痴になっていると今回の放射能事故のずさんな報道で明らかになったわけだけど、それで敬遠されてるのかもしれない。
それではと、(誰がどういう基準で定めたかわからない危険度レベルが同じなくらいの)状況の異なるチェルノブイリ事故での極端な例とかをネタに極端な反原発運動をしてる人とか取り上げたり、政府と東電は情報を隠蔽していると陰謀説ばかりになってしまってるわけだけど。
目下、関東圏で生活してる我々が欲しいのは低放射線量の影響なわけで、遠く未来のことを熱心に語るよりも、起きてしまったことへの対処、どこまでが安全なラインかわからないという不安要素を具体的なデータをもって取り除きたいというほうが大きいと思うのね。
肉体的にも精神的にも擦り切れてる状態でなにかやろうとしても絶対失敗する。
そんなんじゃ「原発をなくそう」とか未来のこともくそもない。(個人的には、コストとリスクを考えて少しずつ減らしていけばいくのがベストだと思ってる)
ヘタしたら一番酷い目にあった人がなにもできない間に、声のでかい人たちのいうことにふりまわされることだってある。

放射線量の話にもどすけど、今は放射性ヨウ素がそろそろ不活性になって、拡散したセシウムとストロンチウムが住んでる地方や、あと人によっては、不安の種になってると思う。
僕は自分が住んでる地域も放射線量に関してはそれほどでもないし、つまりそれほど強烈なγ線はないということになり、他、αやβ線は透過率が弱く皮膚を貫通できないので内部に入らなきゃ大丈夫(αにいたっては10cmの空気の層ですら通らない・・・って学校で習うよね?)、弱い線量であれば個人差はあるだろうけど重大な影響が出る前に排泄される可能性のほうが高いと思う。
がん細胞って毎日からだの中でできているものでそれを免疫システムが殺してくれてるから、我々は生きているわけで。
その免疫システムも壊されてしまう恐れもあるから怖いっちゃあ怖いんだけど、自分の生活圏でネットやラジオで聞いている線量だと、今まで見聞き・経験してきたことを総合すると「大丈夫だろうな」という感覚でいる。
ただ、子供。
発育著しい子供たちに関しては自分の中でもグレーゾーンです。

そんなこんなでいまいちピンとこないままでいるのもあれだし、各々の学者さんで言ってることも違うし、体調不良を医者にも見せず全部放射能のせいにしちゃってる人とかインターネットだけでなく新聞や雑誌のメディアにも出てくる始末なので、やはり具体的な皆が共有できる明確かつ具体的、中立なデータがあれば、危険なラインと安全なラインが明確化して、できること、やらなきゃならんことを皆で共有できるんじゃないかと。
そこで動物のフィールド調査をすべき、もしくはもうやってる大学の先生や学生さんがいると思うんだけど、そういう人たちを知らしめるべきだと思うんだ。

うちの母校にも放射線の生物に与える影響を研究してる先生方がいて、それはとても尊い有益な研究だと思う。
ただ、実験の条件を人間が定めた室内での研究には欠点もあって、「実験条件をそろえて」ということ人間が想定していないことの影響は調べられないということ。
そのために、悲しいことに事故が起きてしまった今の日本の、野生動物(動物といっても哺乳類に限定しない)についてフィールド調査をおこなって、動物の体内やその動物の住環境の放射性物質の量、そしてどういう影響が起きていて、ちゃんと母集団の数量データも取ってからその影響をもつ個体数をとる。
そのデータをなるべく多くの地域でとれたらいいなーと思うんだ。
実験室のデータではない、実際に目の前で起こってることをそのまま映しだすデータ。
よく反原発とか、危険厨な人がよりどころにしているチェルノブイリの情報よりも、我々に密接しているデータ。
あれば凄い強みになるな、と思う。
(自分が望む結果を持ってる人には隠蔽したいものになるかもしれないけど)

自分も院生時代にフィールド調査やってたからわかるんだけど、言うのは簡単なわけで物理的に困難なことも多く、そんなキッチリ立派なデータがとれるわけじゃない。
ただ、できる範囲でいい、今の日本の事故の影響の具体的な数値化されたデータが一番求められるべきで、それがあればあるほど目に見えない現状が見えてくる、それは有益だ、と僕は考えてる。

実際に調査してる人たちはいないかと検索して見てみたりするんだけど、ちょっと残念だったりする。

【汚染】高線量地帯周辺における野生動物の生態・被曝モニタリング(ウグイスの尻におおきな「おでき」の病変)
http://savechild.net/archives/12540.html
残念ながら一地域のたった3羽じゃ、影響は計れない。
しかも鳥類は移動範囲が大きく、いろんな箇所の影響を受けるし、調べるならばウグイスの平均的な移動範囲を考慮してその地域で少なくとも数百羽はつかまえて調べないと、ただ「奇形のウグイスがいた」という意味の情報だけで終わっちゃうんです。
それと母集団をちゃんと既定できてないデータはフェアじゃない、情報を伝える人間の文章の書き方でいろんな意味にして伝えることができてしまう。
つまりゴシップ誌の記事と変わらなくなる。

あと、チェルノブイリ絡みでのフィールドでの実験的調査の紹介も日本語であった。

チェルノブイリでマウスを育てたら奇形になるの?
http://d.hatena.ne.jp/aljabaganna/20110605

実はまだわからないことだらけなんだな、と思うんですよ。
よく知らされるチェルノブイリでの報告って過度に酷いものばかりあげられてるだけなのかもな、ってちょっと思ったり。
上記エントリーからリンクでいける「チェルノブイリとツバメの奇形についての論文を読んだ」についても一読するといろいろと見えてくるものがあると思います。
上述のウグイスの話と絡めて考えると、やはり僕は飛行能力を持ってる生き物を扱うのは難しいなと。
それよりも、土中や水中の移動力の低い虫などを使ったほうが、場所も限定できて時間変化も調べやすいし、食べるものも有機物片で環境の影響も出やすい、世代交代が早い、節足動物であれば脱皮や羽化という劇的なメタモルフォーゼもある、などなど影響がわかりやすくていいと思うんだよね。
ダンゴムシでもいいし、センチュウでもいい、トビムシでもいい、ミミズでもいい。
飛ばない昆虫を扱うとしたらアリなんて一番いいと思う、雑食だし生産量も高いし。

「〜だから安全だ」「〜だから危険だ」とよく論議(?)されてはいるけれど、みな「〜」がチェルノブイリの事故の話ばかりで、最優先に知って基準にするべきこと今目の前にあるのに、なぜ遠い国の過去のことばかり(しかもバイアスがかかってるかもしれない)を前提にされがちだ。
引用するのに楽な情報を得る、それだけでいいとは思ってやしないか。
目の前に、国内にその現象は起きてるのに、それを知りたいとか、調べなきゃ、って声が聞こえないのが僕の目には不思議に映る。
嘆かわしいかな、日本人の問題解決能力ってのは下がってるのかもしれない。

なんだか知識ひけらかすだけみたいになってきたような気がしてきたけど、もっと具体的なことをそれなりの地位・立場を持ってる人にやってもらいたいし、報じる人たちも実益をもたらす情報を共有させてくれたらな、と思うんだよなあ。

あとついでに言わせてもらうと、Twitterとか見てて一番腹が立つのは、「街にはマスクをしてない人だらけ。みんな白血病やガンになっちゃうんだなあって哀しくなっちゃう。でもそれは自己責任だから」とか言っちゃってる人。
かまってちゃんくさいなあ、と。
「すっぱいぶどう」の狐さんか、と。
何が正しいかとかってあとにならなきゃわからんのが人生でしょうよ、日々の生活に関してはひとそれぞれで好きにやればいいんだよ。
そもそも彼らが危惧してることはマスクだけでは「焼け石に水」くらいにしかならない思うんだけどなあ。

最後にコレ↓

チェルノブイリ原子力発電所事故避難区域内に住み続ける人々
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52061779.html

僕は写真からなにか尊いものを感じるんだ。
なんのために生きるか、どうやって生きてゆきたいか、写真に映ってる彼らは日本中の誰よりもよくわかってるとおもう。
それは自分が死ぬときに「いい人生だった」といえるかどうかに繋がることだと思う。
正直、嫉妬した。
posted by B.cos at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

家に着いたら眠ってしまうのが習慣化

それで真夜中におきて、P4のアニメみて「クマはクマクマー」とか一人つぶやいてみる。
客観的に考えて、かなり不気味な光景だな。

Androidアプリ。

https://market.android.com/details?id=bcosizm.no_bushido_no_japan

一ヶ月かかって、やっと確定インストール端末数のグラフの上昇が止まった。
(インストール数自体は1100超えたけど)
あとは下がるだけだろうけど、そのままじゃ終わらないんだなあ、なんか寂しいしw
そろそろver.アップ用の画像作るかー。
今4キャラだけど、あと8キャラのアイデアストックはあるんだ。
格闘技・武道のような対人スポーツ、いろいろ見たり、自分もやったりしてきたけど、スポーツごとにいろんな戦術や個性をもった選手がいるわけで。
強くても面白くない試合をする人がいて評価が低かったりするんだけど、それはそれで勝つための個性だったりもするわけで。
各競技・選手層の多様性を楽しめるところが自分の、こういうモノをつくるときのアドバンテージなんだろうな、と思ってる。

そういえばレビューサイトさんにレビューお願いしたけど、1ヶ月経つけどまだレビューされてない。
応答メールで説明があったけど、Androidアプリって量が多いからかなり時間がかかるようだ。
ま、もしくはレビューに値しないのかもしれない(笑)
それはそれでさらにいいものを作ればいいだけだ。
価値を決める人は一部の人だけじゃないし。
posted by B.cos at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

ジョブズが亡くなったことよりこっちのほうが僕にとっては大きい。

C言語の開発者、デニス・リッチー氏が死去
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/linux/

初めて覚えたプログラム言語がC言語で、それで学生時代からゲーム作ってリリースしたりし続けてプログラミングの基礎を作ってきて。
さらには工学部卒でも専門卒でもないけど(まったく無関係で院までいって生態学やってました)、職業プログラマやれてるのは、彼らのおかげってのもあるんだろうなって思う。
今現在あるたくさんのプログラム言語、それらに自分がすぐ適応できるようになったのも、それらプログラム言語の仕様のほとんどがC言語がおおもとだからってのも大きい。

ジョブズが「コンピューターをさらに人にわかりやすいものに近づけた」と賞賛されるように、デニスとトンプソンもまた、エンドユーザーよりもっと前、ウン十年前のソフトウェア開発者にとって「コンピューターをさらに人にわかりやすいものに近づけた」存在だと思う。
メモリの構造を意識してアセンブラや機械語でプログラム組むとか、えらい手間がかかることだしね。
プログラマーやったことない人や、最近のライトウェイト言語などからはじめた若いプログラマーには実感つかめないかもしれない話だけどね。
(同年代の人たちでもわかんないかもね。前職の同期でC使えるの、俺しかいなかったくらいだし。・・・おかげで昇進したおっちゃん達のあとを継ぐ形で日陰のほうへ行ってしまったような気がするけどw)

今は今でコンピュータを使うのも、便利にするためにソフトを開発するのもすっごく楽になってて申し分ないんだけど、3,40年前から地道にコツコツ努力を重ねてきた人たちがいるから今があるということを忘れちゃいけないと思うよ。

posted by B.cos at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

YouTube GEO CREATOR DAY 2011



YouTube GEO CREATOR DAY 2011
http://www.google.co.jp/events/creatorday/2011/

1778599009_254.jpg


先週の土曜日だけど、いってきた。
予約制、参加無料のイベント
専門外ばかりのイベントだったけど、かなり刺激になった。
6時間以上座りっぱなしで肩こったけど。
あと、同時通訳って慣れないとけっこう疲れるんだな。

↓はもらってきたTシャツ。
1778599009_73.jpg 1778599009_253.jpg


以下、箇条書き。

@動画投稿による広告収入で生活、動画をとるための資金を得てる人たちって日本にもいるってことにおどろいた。
たとえばコレ↓

世界中で街の様子を高画質で撮りまくるだけ、だけど、BDになるくらいウケてるんだな、これが。

AMEGWINがYoutubeからいい評価をうけてたのに驚いたw

B3Dメガネでみる攻殻機動隊に「ズギュ〜〜〜〜ン」ってなった。

CPanoramioの説明にわざわざスイスはチューリッヒからエンジニアが来た・・・・・・WEBアプリ用APIの説明をしてくれるのはいいんだけど・・・・・・JavaScriptやHTMLのコードの基礎まで説明しなくても・・・・・・眠かった。(広い層をターゲットにしてるのはわかるけどね)

DGoogleEarthのコミュニティの使い方を「wasi」氏が説明。たどたどしい日本語がいい味だしてやした。つか、GoogleEarthってかなり凝った遊び方できるんだねー、ビックリしたお。

Eある意味、個人的にはほとんどメインだったんだけど、首都大学東京の渡邉英徳先生の講演が素晴らしすぎた。コンテンツ制作に込めてる思いが濃い。

FGoogle+のアドバンテージがよくわかった。「友人Aは大丈夫だけど、友人Bにこの話題を話してもわからないよな。Cには見せないでおきたい」というためのサークルの概念なんだなって。あと、10人同時、ボイスチャットすげえ。実際には会議やおしゃべりだけじゃなく、料理教室とか楽器のセッションにも使われるらしい。

G「TOYKO生まれはタフだ、ゴジラやモスラ、キングギドラが何回も来て壊されては立ち上がる」というメリケン(?)ジョークを飛ばすオッサンがステキだった。

後半は選択制で、Youtube動画とGEO(GoogleEarthなどの地理データ利用コンテンツ)とで講演を選べたんだけど、専門に近いこともあって、GEOのほうを聞きにいった。
動画配信のほうも興味はなくはないんだけど、今はなんも考えてないからいってもしゃあないかと。

一日中、Googleに関わって思ったのは、動画サイトも、地図・緯度経度を使ったサイトも、なんというか皆、そこになにかしらのストーリーを求めてるのかな、ってこと。
ストーリーといってもいろいろあるんだけど・・・うーん、うまく言葉が見つからないな。
とりあえず、昔のRPGの説明書の世界地図を見るとワクワクした感じ、それが俺の中ではそれが一番近いかなあ。

posted by B.cos at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

津川さんが言うならば仕方ないwww



みーんなそう思ってるよねえw
裸の王様を「裸だ」というのとかわらない。

まあ、口だけじゃ実力や誠意は伝わんないよ。
それいったら、学生さんとかに多いけど、「論破したから俺の勝ち」とか一人勝利宣言してるやつらは本当に虚しい人たちだと言わざるをえないんだけど。
posted by B.cos at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

くしゃとりゃああああ!!

プラモ欲しくなった。
でも、肩バインダーでかすぎて、うち、置けないかも。



ガンダムUC、やっと見た。
一巻で30分かと思いきや、1時間だったのね。
おなかいっぱいっす。
見るのにお金が要るアニメって質が高い、というか芸が細かくていいね、ほんと。

マリーダ先輩、カッコイイっす!
(ガンダムの黒歴史ともいえる、「プルプル」言ってた子のクローンだけど・・・)
俺もサイコミュ兵器使いたいっす!
強化人間になってもいいから!!
posted by B.cos at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

良い子の諸君!

images.jpg


良い子の諸君!
水辺だからって浅瀬でプロレスごっこは危険だぞ!
特にバックドロップ、ジャーマンはやっちゃいけない!
絶対だ!
絶対にだ!
パンにカツはさむニダ!
四次元殺法コンビとの約束だ!


そう言える権利を得ましたw
海辺に来たときのテンションってこわいねw
腰くらいの水深がなきゃだめだってー、って言おうとしたら、言う間もなく投げられたってか、ハッハッハッハwww
後頭部を抱えてたら大丈夫かなと思ったら、さらに上にいって(というか下?)、頭頂部から落ちたorz
昔の全日、NOAHのプロレスラーって苦労したんだなあ
(スティーブ・ウィリアムスのデンジャラス・バックドロップとか)


土日でジムの合宿という名の夏休みについていったけど(というか強制連行?)、予想通りというか、前回行った時同様、肉体的にも精神的にもサンドバック状態でした(T-T;)
特にひどかったのは、上述の海でのバックドロップ、砂浜でうつ伏せでカメの状態で頭まで砂に埋められたのと、寝てるときにニーオンザベリー。
本職プログラマーなのに、芸人並のタフさが必要とされるとか、ね、本当にもう。
最近、出川哲郎を「師匠!」と呼びたくなってきたよ。

それでも、海にいけたのと、生牡蠣とかいろいろうまいものを食えたので良しとしようか。
本当に生の岩ガキはうまかった。
小さなサイズでもプリプリで新鮮カキが300円はお得だ。

まあ、常日頃から一緒に練習してる人たちとどこかへ出かける、それだけでも楽しくないはずは無いんだ。
多少、危険を伴う気がするけどねw(自分の経験から言うと、プロアマ問わず格闘技なんてやる人はどっかのネジが一本外れてるもんだ)
posted by B.cos at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

自由と権利には義務が伴い、義務があるから自由と権利も成り立つ。

比較的都市部に近いところに住んでるため、コンビニはよく使う。
レジの横に、震災のための募金箱がある。
最近はそこに100円にも満たないおつりを入れるよりも、コンビニで自分が今欲しい物を存分に買ってたくさん消費するほうが世の中へ金がまわりにまわって、そっちのほうが人のためになるだろうな〜〜〜〜・・・・・・と考えて、ホットスナックのから揚げ棒を追加で頼んだ。

うまい。
減量しないでいいときって最高。
柔術の練習のあとに肉と糖分が食える。


昨日、県知事選挙の、期日前投票してきた。

候補者というのは、まあ、完璧に自分のニーズをもつ人なんているわけもなく、総合して自分達に有益をもたらすかどうか否か、広く話を聞けるか判断力があるか否か、ミスリードがあった場合のリカバリーができるか否かで判断すべきなわけで。
橋本元弁護士や石原のオヤジがされてるみたいに、言ってることがひとつだけが気に食わなくて悪口ばかり言われる、判断から外すってのは幼稚くさいと思うのね。
ハッキリ言って好ましい候補はいないけど、自分の選択はしてきた。
多数決になるとはいえ選択は、責任と義務だ。

感心すら持たず、それを放棄して、日々の生活の苦楽に文句ばかりたれるなら、日本で暮らすの辞めたら?、といいたい。
義務を放棄してわがままばかり言ってんだ、社会ルールから外れてることは認識しろよと思う。
いつまでバブル期の日本の雰囲気引きずってんだ、てな話だ。
「民主主義」って言葉はさ、日本がアメちゃんに占領されたときにちゃんと伝わらなかったことなんだけど、「民衆が平等かつ自由でいられる」ということじゃなく、「民衆が己の義務を果たして平等と自由を手にする」ことなんだよ。

なにもペイしなくて、賭け事が成り立つと思いますか?

血と汗を流さずに得たものに自信がもてますか?

答えは当然、NO、でしょ?

僕の知り合いなら、全部とは言わないけど、ほとんどがそう答えるはず。

posted by B.cos at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

最近お気に入りのやる夫スレ

最近、やる夫スレでおもしろかったものでも。

----------------------

■やらない夫でクリムゾンの迷宮【R-18G】 1話
http://burakio002.blog97.fc2.com/blog-entry-573.html

未完。
原作が「黒い家」の人の作品。
原作が今まで読んだどの小説よりもおもしろかったので推したい。
既読の人間からするとオープニングに切なさを禁じえない。
原作は映画化してほしい。

----------------------

■静止軌道上からの入電 プロローグ・1話
http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-entry-2301.html

未完。
人工知能とロボットたちの話。
お父さんになったような気持ちになれておもしろいよ。

----------------------

■やらない夫と翠星石のアストロノーカな生活 〜 第一話 〜
http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-entry-420.html

未完。
PSの隠れた名作と呼ばれるゲーム「アストロノーカ」の二次創作。
おバカですw
『1日48時間』という不可能を可能にする農夫が出てきますwww
アストロノーカ、未プレイだけど興味出てきた。

----------------------

■【珈琲店】マスターやらない夫【Night Owl】 1杯目
http://buraritoyaruo.blog79.fc2.com/blog-entry-54.html

完結。
軽い気持ちで読んで、軽く「クスッ」と笑えばいいよ。

----------------------

■やる夫と人狼の遊戯 1日目
http://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-1392.html

完結。
有名な人狼ゲームをストーリー化したやつですな。
最後の展開がね、熱いんだ。

----------------------

■やる夫と隣のAV女優 第1話
http://yaruobookoferos.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

完結。

エロは期待するな、マジな話。
(エロ描写は少ないっちゃ少ないけど、思いっきりモロな描写もやはりあるから見る人は注意したほうがいいかな?
重いところ、アリ。
どんな仕事してようが、真面目にやってる奴の生き方を笑っちゃいけないや、そう思わされた。
一生懸命、まっすぐ正直にやってる主人公、青臭くて見てらんなくて、それがいい。


まあ、こんなところで。
posted by B.cos at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

やがて子を持つだろうと思ったときのこと。

時に思うことだけど。

自分も結婚して、子供をつくることもあるだろうけど。
その頃には学歴社会とか崩壊してるかもなって思ってて。
・・・つーか、今の時点で崩壊してるわな。
学生の本分が就職活動なんだもんなあ。
大学で自分自身の実力じゃなく、企業が気に入る体裁を整えるなんておかしいわ、やっぱ。
学校の教授に就職活動向けの講義やれとか抜かすバカな大人も増えてきて、総じて脳みそにウジわいちゃったかなと思わされる昨今だけど。

と、初っ端から脱線したw

なにがどうなるかはわからんけど、もし自分が親になるならば、もしだけどね(笑)、「自分で自分の目に映る世界を広げる方法」というのを学んでいってほしいかなあ。
それは学校だったり、習い事だったり、大切な人との出会いだったり、ひきこもってPCいじりまくったりしてだったり、いろんな可能性があるわけだけど。

楽なところで思考停止して同じ場所に居座り続けてそこでキョロキョロしてるんじゃなくて、ちゃんと歩いていろんな角度、距離から、いろんなものをみて、気になったものには歩み寄って吸収していって、自分も他人も好きになれる人間になっていったらいいんじゃないかなあと思う。
そう、すべて自分から行って、誰かの命令でもなく、楽しんで吸収して、広げて。
細かいことはぬきにして、だけどさ、うん、占い師じゃないけど、そういう人にはいい縁や運がついてきそうな感じがするじゃない?

事実、母校の先生でイジメが原因で不登校になった息子さんを抱えた人がいたけど、その息子さん、不登校で時間が余ってる中で動画・音声圧縮フォーマットのプログラムにいそしんで会社を興すようにまでなったという。
それは本当に誇らしいよね。
その後、どうなったかは知らないけど、どっかでぶっとい信頼を得て腕を振るってることでしょう、たぶん。

広がりを生み出せる人ってやっぱ素敵だと思うのよ。
理想論だけどね。

posted by B.cos at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

ぽつぽつ

最近、柔術でクローズガードになったらとりあえず極めに行ってます。
三角絞めって結構、腰痛くなるねえ。

■萌え米
G.W.、地元に帰省したら萌えイラスト付きの米がおみやげやで売られてた。
あと微妙にかわいい地元ゆるキャラやご当地キティも作られてた。
いつのまに・・・・・・


■ルーカス・レプリ
柔術家。
地味目だという評価があるがこのハイライトを見る限りだと自分が目指したいところに近い人のような気がする。
テイクダウンも引き込みもパスガードもサブミッションも、ああなりたいなと思わされる。



■オススメAndroidアプリ
動作環境はauのIS04。

@Droid Shooting
http://droidshooting.com/

ARを使った全方位シューティング、おもしろい。
主に自分以外の人がやってるのを生暖かく見守るのがw

AAndroidを楽器にして演奏できるアプリ5種
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20110427_442809.html

サンプリングした音をピアノで出力できる「My Piano」
音色作成可能なソフトウェアシンセサイザー「Synthesizer 2」
たぶんアルペジオ専用なんだろうけど鳴らしてるだけでおもろい「My Guitar」
この3つは使った感じがよかった。

B砂ゲー
http://androider.jp/a/609d487f0ec409e7/

物理法則が用意された物質を落書きするみたいに配置していくんだけど、それぞれが反応してエラいことになるおもしろソフト。
マジでオススメ。


■ブシドーブレード

PS全盛期の、名作かつ迷作のひとつ。
新作ゲーム用にブレストしたものをまとめてるうちに思い出した。
バランスはとれなかったけどゲームルール自体は斬新で、総合格闘技のゲームのKOの仕様もこの方式に近いと俺は考えてる。
構えてる状況のものでも、能動的に弾いても、武器に武器が当たればクリーンヒットにならず、少しずつ手足などを傷つけて相手の動きを狭めていくか、もしくは応酬のなかで隙をうかがうかして、がら空きになったところへ斬撃を打ち込んで倒す。
とりあえずEA Sportsの総合格闘技のゲームには確実に近いものを感じる。

posted by B.cos at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

プルトニウムの風に吹かれて行こう

柔術の練習してるとき、ブルーハーツの歌、思い出した。



今だとリビドー的にテレビで放送できない内容だが、このPV嫌いじゃない。
この歌自体、大好きなんだけどさ、「クソッたれ」な気持ちと、「俺らもそう捨てたもんじゃねえだろ?」って気持ちが出てて。
歌詞かいたのはヒロトかマーシーか忘れたけど、彼らは賢者だと思う。
せ〜かい〜のてっぺんに〜たどり〜つけ〜るぜ〜、アーイデーアたっぷり〜、や〜りか〜たバッチリ〜。


不謹慎だかなんだか知らんけど、帰り道、桜が咲いてるのを見た。
花見は夜に使われる電力の心配でっていう自粛だったらしいが、どこもかしこも不謹慎って言ってりゃいいんだろ、って感じでどうしていいかわからんが、まあ「日本人ってその辺は気持ち悪いな」と思う。
桜は人間のことなんざおかまいなしで、花を咲かすだけだ。


来週、県議会選挙だな。
この状況でやるのもヘンな感じがするよ。
被災地もあるっていうのにさ。
ま、ちゃんとやるけどね。
真の自由は義務を果たして得られるもの。
そこは譲れない。

そういえば「だいたいやーねー」の竹村健一さん、あのパイプくわえてたオッサン。
まだご存命だったと思うけど。
あの人が言ってた言葉で印象に残ってるのが、
「テレビや新聞で同じ事件をしつこく取り扱ってたら、そのときは見えないところで何か起きてると考えたほうがいい」
だったかな、そういうことを言ってたのを思い出した。
今って目立ってはいけないことをするチャンスだよな、って思う。
なんとなく思ったことだけど。


日曜プログラミング。
Androidで画面サイズにあわせて画像表示、と思って画面サイズ(縦・横)の取得をやってたんだけど。
http://techbooster.jpn.org/ui/921/

どうも横にしたときと縦にしたときでとれる値が、縦・横、逆転してしまうみたいで困ってしまって、
『(∪^ω^)わんわんお!(∪^ω^)わんわんお!』
と1,2時間くらい悩んでんだけれども。
http://wikiwiki.jp/android/?%B2%E8%CC%CC%A4%CE%B8%FE%A4%AD(ScreenOrientation)
おそらくこれで解決できるだろうと思ってたらば、なんかよくわからんがシミュレーターがバグったみたいで、動かなくなった・・・・・・それで「今日はもういいや」と。
困ったケースがわかっただけ、今日は収穫があった・・・・・・とりあえずそう思っておこう。
よくよく考えてみればスマートフォンってのは今までにないPC、どちらかといえば組み込み系プログラミングという気持ちでやらんといけないんだよな。
posted by B.cos at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

がんばれ、福島

長いけど、この相馬市の対策会議は勉強になる45分間だ。

っていうか、ふつう「会議」ってこういうもんだよな。

市長の聞き出し方、指示の出し方、政治家の利用の仕方(笑)がうまいな、と。

あと、作業着ってこういうところできるもんだよね。
都内で着る物ではない。
襟を立てるものでもない。
posted by B.cos at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

Gambare Japan

今日も自宅待機で、ネガティブな気持ちにさせるだけのTVなんてみたくないからずっと仕事してたけど、輪番停電が夕方や夜になるときついです。
真っ暗で寒いし、寝るしかない。
それで眠れなくて夜更かししてなんだか疲れが取れないんだけど、被災者の方々に比べれば屁でもない。
文句を言うのも恥ずかしいか。
コツコツ仕事しながら、出番が来るまで余力残しておくのが、今僕らにできることなんだろうね。

gambare.PINK.jpg

香港に住む日本人の方々の運動らしいです。
http://gambarejapan.blogspot.com/

すごくかわいくて、いい気持ちになるロゴだなあと。

みなさん、つらい時期だけど、がんばり過ぎない程度で、とりあえず「負けない」ようにしましょう。
posted by B.cos at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

星に願いを。

職場から自宅待機の命令。
まあ大してできることなくて、前々から言われてて気になってた情報を探したり、自分の興味のあることばかりを探ってた。
虚しくも収穫なし。

で、自宅でついに輪番停電を味わう。
何もすることねえ。
毛布に包まって、とりあえず寝る。

・・・・・・

姉貴からメールが来る。
ちょこちょこやりとりして、外を見ると思ったより真っ暗じゃなくて、月明かりに照らされてきれいだった。
川口でこんな星見えたの初めてかもなあ。
その後、スマートフォンがあるじゃないかと、柔術の試合のYoutubeみてた。
荒巻選手の後転スイープに「おー」となったところで、電気がついた。

たしか電気が戻る頃にジムが開放されるはずだったからと、行ってみたら6人きた。
先生もはいってきて「5本とるまで帰っちゃダメだからねー」という厳しいルール。
しかも一本とられたら減点。
一本だけ取れたけど、全部あわせるとマイナス10点くらいいくかも。

・・・・・・ローンでお願いします、と土下座。

よかったところはクローズからキックスイープでマウントまでとれたこと、後転スイープがうまくいったこと、先生からパスガードとってしばらく上四方とマウントをキープできたこと、ヘンな大外刈がキレイにはいったこと、くらい。
決定的によくなかったのはクローズガードはいりすぎたな、今日は。

ここ数日、テレビもラジオもネットも、不確定情報や不安を煽るだけのガセネタばかりで、精神的に参ったなあと思ってたけど、2時間くらい汗を流したらスッキリした。
少しは平常心に近づけたか。
こういうときだからこそ、平常心でありたい。
被災者でもないのに、スーパーやコンビニで買いだめしてる人たちや、ガセネタ信じてバカやってる人をみると、自分を律さないと本当にダメだと思わされた。
恐怖に負けない勇気が必要。
負けたら真っ当な判断ができない、それは狂ってるのと一緒だ。

帰りに停電前にちょっと100円ソースのパスタ食べたくらいで腹が減ったので、コンビニでおにぎりとソーセージとコーラを買う。
慣れた光景だけど、パンとかはあらかた品切れ。
レジで千円札渡して店員さんがおつり出してるのをぼけーとみてたら、震災の募金箱が目の前にあったのでおつり、全部いれちゃった。
店員さん、硬直。
俺も自分が何やってんだか、よくわかんなかった。
でも、やっぱり「折り鶴」をいれたほうがカッコよかったかなあ、とか。
まあ・・・・・・俺には何もできないから、少しは足しにしてくれればと思う。

早く、元どおりになればいいなあ。
posted by B.cos at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震に遭遇したのは職場でコーディングしてたとき。

うちの職場もけっこうゆれて、机の下にもぐっていつでも動けるか丸くなれる姿勢に一応なっておいて、「ドッカーンとこられたらどうしたら安全かなあ?腕一本くらい折れてもいいと想定して・・・」とか考えてたりしてた。
落ち着いた対処、でいいよね、これ。
ただ、近くの窓を開け忘れたので70点だな。

電車は復旧のめどがなく、家が遠い奴は帰ったほうがいいということで4,5時間かけて帰った。

いつも通ってる電車の線路沿いを道を何度も間違えつつも歩いて回ったのは新鮮だった。
ただの道ではないんだよな、人が生きている場所なんだよな、って。
それにしても歩いて帰ろうとした人たちで、せまい道では列ができてて、で、ところどころのコンビにでは疲れたお父さんがくつろいでカップそばすすってたりと、ちょっとほのぼの。
あと、中野あたりかな、GRABAKAの前を通ってあれだけのゆれた後なのにグラップリングの練習をしてる肝の据わった人たちをみて、女子大のそばを通ったとき帰れない子のために食堂が開放されてて、ちょっとあの輪にまざりたいなとか考えたり、こんな状況で不謹慎な話題かもしれないけど。

家に着いたら足腰いたくて、家の中はCDや本が落ちて、家具が少しずれたくらいで済んだ。
あと、ガス器具がこわれたらしい。
しばらく体を洗う時はやかんとお友達だ。


【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り
http://matome.naver.jp/odai/2129985372846288901

ヘタな言葉よりも強いメッセージがこめられてる。
俺なんてただ不安に震えるしかない、何もできない奴に過ぎないが、嬉しくて涙が出た。
これが宮城や岩手の人たちにすぐに届けばいいのに。
posted by B.cos at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする