2008年02月03日

暗いところで待ち合わせ【映画】




まずはじめに、

シンプルなショートに薄化粧の田中麗奈はいい!!

それが一番最初に言いたかったこと(笑)


原作を読んだ者としてかくので、映画から見た人とはちょっと違う感想になるかもしれないので注意。


一人、家に引きこもって生活している盲目の女性ミチル、その家に殺人事件の容疑者の男が潜伏したところから物語が始まる。

と、いうとハードなサスペンスものを想像するけど、実際はやわらかな人と人のふれあいの優しいお話。


まずはじめにこの製作者側は、本当に原作を愛しているということがよくわかった。

役者の演技も自然でしっかりキャラクターになりきっていたし、心情の機微も原作のそれをしっかり再現し、設定はいくつか違ったもののそれはそれで思った以上に効果ありで、細かいところまで作りこまれた、決して間違ってない、まっとうな綺麗な映画だと思った。

それぞれのシーンでは本当にそう思った。

ただ全体的に、原作を忠実になぞろうとしたせいだと思うんだけど、展開がもたもたしている。(正直、長すぎた)

たしかに自分の殻に閉じこもった男女が、特殊な環境で少しずつ少しずつ距離を縮めていくストーリーではあるけど、それでも映画としてはそこが惜しかったと思う。

TVCMで観た観客が「感動しましたー(笑)」とかいっている映画とかに比べれば、明らかにいい映画なのだが、途中眠くなった箇所がいくつかあったのが残念。


とにかく原作を読んでから観るか、読まないで観るか、それはアナタしだいということで。


それにしても役者が光る映画だったと思う。

田中麗奈とチェン・ボーリンに関しては・・・・・・いい意味でため息が出る。

佐藤浩市もよかった。
もう憎たらしい演技が憎々しくてたまらないw
posted by B.cos at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82145157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック