2007年06月17日

布団をかぶって録音は意外と効果的

カポエィラの技の件でお世話になった竜太さん。
彼がメインになっているXBOX360のプロも動画を見て、
すっげーカッコよかったんだけど、もしかしたら凄い人
にカポエィラ映像の件をお願いしてたんだなぁと思うと、
知らなかったとはいえ、おそれ多いことこの上なし(^^;)

http://www.youtube.com/watch?v=AIq1YudF6BM



■ブルース・リーのマネはむずい。

半月前、リリースしたフリーゲームNAMAKO02 ver.1.17だけど、実は失態だらけだったorz

やけにジークンドーでパンチが続くなーと思ったら、スタミナ消費してなかったり、

CPUがMuraseを積極的に操作しねえなあーと思ったら、すっげー致命的なバグがあってなぐられないと行動しなかったり、

過去10年間中、最高に綺麗なプログラム書いたなーと思ったけど、やはりそれは間違いだった(苦笑)

調子こきすぎた猿でございます。


調子こいたついでで新機能にジークンドーキャラに怪鳥音(さあ、みんなでブルース・リーをイマジンw)を入れたり、

あとユーザーからの希望にあった「自分の好きな音楽聴きながらプレイしたい」という要望を受け入れて、

ver1.18としてリリースしたわけでございます。

ヒマな方はどーぞ。
(ただCPUが戦うのを見る、観戦モードもございます)

http://bcosizm.hp.infoseek.co.jp/


怪鳥音をとるときはFLASHアニメで有名で、アニメの声のほとんどを自分でやるフロッグマン氏を真似て、

暑いのに窓を閉め、

PCにマイクをセット、

布団をかぶり、

ひとりで

「アチャー!!」

「アタッ!!」

「ウォォォァァァァアアアア!!!!」

と叫び、録音してた。

ムチャムチャ汗かいた。

で、さっさと導入したけど、いくら理解のユーザーの方でも、これはクレームくるかも。

自分でもムカムカするくらい・・・・・・うるせえ(笑)



■いい歌手ほど地元好き?

そういえば、新発売されてから半年以上たったけど、矢野絢子のアルバムをやっと買う気になった。

レコード会社と契約を切ってからのCDはやっぱ通販じゃなきゃ買えないようだ。

タワレコにもないんだもん。

レコード会社から離れた歌手ってのは手間がかかる。

その手間がかかるのも、またいいことなんだけど。

以前、情熱大陸でタテタカコさんという歌手のドキュメントをみたことがある。

実は矢野さんとタテさんはジョイントライブをしたことがあるんだけど、共通点が3つあって、ピアノ弾き語りであることと、少年のような声の持ち主、地元からは離れない。

僕は見に行かなかったけど、近すぎて仲良くなれるか、逆に居心地が悪くなりそうな組み合わせだなあ、と思った。

似すぎて。

・・・と、話が脱線した。

昔からこういう人たちはいたと思うけど、レコード会社を経由しないでわが道を行く人っていうのを、僕は応援したい。

なぜかというと、レコード会社主導になってしまうと日本人の持つ嗜好・文化が一様になってしまうから。

やつらは売れる売れないでしか考えない。

流行るもの、大衆受けするもの、バカでもわかるもの、そんな見下した判断でしかプロデュースしてない。(オレンジレンジのドラムの子が抜けたのはそういうところが原因じゃないの?)

しかもJASRACが権利だのなんだのでピンハネするから、歌手はさらに不幸だ。
それについては平沢進氏がよく語ってくれている
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0606/12/news005.html

自分のやりたいことと、世間が望むことが違う。

たったそれだけのことで、新しくめばえそうな文化が踏み潰されるなんて、馬鹿馬鹿しいと思う。

情熱大陸でタテタカコさんが発注がきた自分のアルバムを、自宅で自分で梱包しているシーンがあった。

なんか昔の農耕民族を思わせる風景だ。

たしかにお店とかになく、メールや振込みなど遠まわしな方法でやるのは面倒くさい。
(これだってはがきとかでやるよりは面倒じゃないけどさ)

ただ、なにかをつくって人に何かしたい人は、そこまでして聖域を保たないといけないような気がする。

そしてそれは、少しずつでもつまらない僕らの生活を変えてくれそうな気がする。
posted by B.cos at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | NAMAKO02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック