2016年11月21日

何者にもなれないのか、何者にもなりえないのか、何者にもならないのか。

僕はITエンジニアをやってるけど、この分野で自分に専門性を感じたことはない。
下されたミッション(?)を達成するために最短距離を選ぶことを続けてきたと思う。
必要な技術はその場で現地調達、なんとかしやがれ、まるで俺はスネーク、そんな気持ち。
こだわりはあったのかもしれないけど今ではもうわからない。

ちょいちょいとアニメでしか見てないけど、化物語というシリーズ物で「貝木泥舟」という詐欺師のキャラクターがいて。
「俺はかけがえのないものが嫌いだ。金が一番だ。金は何にでも欲しいものに変わる」
とかなんだかそんなセリフを言ってるのを聞いて、ちょっと救われた気がしたんだよ。
専門的な仕事ではあるけれど「その中での自分は何者なのか」とか、考えてわからないものはわからないよなあとは思った。
 
自分で自分のあるべき姿をこれだと決めてしまうのは、自分を鑑みるにしんどいことなのかもしれないけど、これはまた次のお話で。
posted by B.cos at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444174371
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック