2016年04月14日

個人製作だからこそ本当に好きなことを作ろう

[Unite 2016]インディーズゲームを世に知らしめるのは開発者自身が抱く“狂気”。セッション「Unityを使った個人ゲーム開発における『収益化』の現状と未来」聴講レポート
http://www.4gamer.net/games/317/G031778/20160406054/

>一條氏は,万人に楽しまれるゲームの開発は大手のゲームメーカーが仕事として取り組むべきことであるとし,せっかく個人で開発するのであれば,尖った内容を楽しんでくれる層に集中したほうがいいと語る。また,そのほうが「この人達は必ず楽しんでくれる」という安心感が生まれるそうだ。

まったくそのとおり。
下手すると大手のゲームメーカーさんのゲームは似たような内容になりがちなので、ここでインディーズ開発が尖った文化を作ったり受け継いだりしていくべきでしょう。
大手が争っているレッドオーシャンとかぶらないブルーオーシャン、つまりは商業用では見られなくなった楽しみ方のゲームをニッチとして活躍するクリエイターを僕は応援します。

僕もそういうのができたらいいなあ(^^;)
posted by B.cos at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック