2012年07月06日

思考ルーチン

ホラーアクションゲームのゲーム実況をニコニコ動画でよく拝見する。
怖いゲームは特に人気がると思うんだけど(怖くてできない&途中で放り出した人が多いだろうからね)、実況者はスラスラとゲームを進めていく。
もちろん無茶なプレイをする人もいるわけだ。
そうすると見えてくるモノがある。
無茶なプレイ=制作者の意図ではない、という方程式が成り立つとき、ゲームのシステム構築の手の抜き方が見えてくる。
3Dゲームのノンプレイヤーキャラや敵キャラの思考ルーチンとか一見複雑そうだけど、プレイヤーの見える部分をしっかりしておいて、見えないところではそうでもないわけで。
そのシステムの不完全さを上手にプレイヤーから見えないように隠して、自然に見えるようにするという手法、それこそ知恵の結晶のように感じるね。
できないことは無理にやらない、できることだけでもできないこと以上の成果を出すことこそ知恵だと思う。
知識だけじゃできないこと。

posted by B.cos at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279145358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック