2010年06月27日

「告白」



※ちょっぴりネタバレしてる部分があります。




これは「教育」だったのか、「復讐」だったのかはわからない。

誰もが加害者になりうることをダイレクトに表現し、ストレートな悪意をいやみなく視聴者にさらけ出す、とってもイヤミでおもしろい映画だった。
長くてだれることの多い邦画にしては珍しく、時間を忘れてみられる凄みのある映画だった。
オチといえるオチはない、が、すがすがしいくらい人の嫌な部分をさらけ出し、そこから考えさせる映画だ。

客席の後ろの女の子たちが「ホラーじゃん」と話してたけど、そういう楽しみ方もあるだろう。
たしかにそのへんで自尊心あふれるバカがやりそうな話だしね。

誰だって自分を貶めたくない、安全なポジションにいたいと考えるものだけど、不思議とそのために弱い誰かを使う、自分に敵意のない誰かを殺す。
そのグロテスクな様が、子供を生徒に殺されたシングルマザーの女教師のたった一言から、ひとつの中学校のクラスで連鎖的にあらわになってくる。
多少のご都合主義的な設定はあるものの、だからこそ浮き立つものがある。

最後の松たかこ演じる女教師のセリフ「な〜んてね」は復讐者としてみせてはならない弱みを見せてしまったことへのごまかしなのか、それとも彼女の純粋なる悪意なのか。
彼女のキャラクターについて深く知りたいと思ってしまった。
被害者でもあり加害者、教育者であり知的な復讐者。
元生徒を冷静に追い詰めていく様には鬼気迫るものがあった。

彼女の中にも復讐に対する矛盾はあった。
だが、その演出を劇中くどく出さなかったからこそ、誤解される部分もあったと思うけれど、だからこそ彼女はアクの強い存在になった。
posted by B.cos at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154675785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック