2009年10月06日

なぜそこでブレイクしちゃうの?

と、DREAMのTV中継見てて、3回思った。

1回目はミノワマンとチェ=ホンマンで、ミノワマンがホンマンをサイドポジションで抑えこんで膝蹴りをしまくってるとき。

2回目と3回目はフェザー級の決勝戦で、どっちもビビアーノが高谷のバックマウントをとった状態で高谷が腕をずっと掴んでコーナーによりかかっていたとき。

どれもポジションを取られたほうはエスケープするのが難しい状況で、ポジションをとった側が超優位で、たとえ攻めあぐねる状況はあっても、決して「膠着」じゃないと俺は思ったんだよね。

特に今日ブレイクされたところは、受ける選手が何も出来なかっただけで、ポジションをとった選手に関しては、決して「何も出来なかった」わけではなかった。

あと一分あるだけでも、打撃でもサブミッションでもトドメを刺せたろうし、もしくは逃げられるということもありえたわけだし。

客商売というのもあって試合が動かないことを主催側は恐れるんだろうけれど、自分のミスで絶対的に不利な状況に陥って、それで自力でエスケープもできないでブレイクするまで待って仕切りなおし、っていうのもゴネ得のような感じもするし、「格闘技としてなんか違わないかい?」ってちょっと思う。

ボクシングやキックみたいに組み技がメインじゃない競技ならともかくね。

決してポジションをとられた選手を批難しているわけではなく、レフェリングがフェアじゃないと思ってる。(選手は必死だから仕方ない。ただブレイクするなら、何も出来なかった側に注意くらいするべきじゃないのかなあ)

個人的には抑え込みやバックマウント、関節技に行くまでってけっこう大変だって自分も柔術やってて知ってるから、組技系の選手が少しかわいそうにおもう。


まーそんなことはともかく、所VS高谷、面白かったなあ。

ああいう緊張感があって、かつ展開がまわる試合はいいねえ。

あと、桜庭の消化試合と、ハルクトーナメントよりも、青木とハンセンの試合をフルで放送して欲しかったなあ。
posted by B.cos at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129668439
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ミノワマン 入場曲
Excerpt: 山本KID徳郁vsミノワマン 山本KID徳郁vsミノワマン山本KID徳郁とミノワマンが戦ったら、どっちが勝つと思いますか。(続きを読む) 【100枚】ミノワマンについて質問です。 【100枚】ミ..
Weblog: 忙しい人でもすぐ読めるニュース
Tracked: 2009-10-07 10:32