2016年08月25日

「バイナリ畑でつかまえて」

14021447_1098066390281697_8459226481378468833_n.jpg


漫画とかゲームの話ばっかりしてるとオタクだと思われるよなー、ってもう手遅れだけどねー(笑)

やっと「バイナリ畑でつかまえて」の書籍版を購入。
電子書籍だけは配信されていて、KindleのIT系のランキングで一位になったりしてて「よみてーなー、グギギギ」と一年近く歯ぎしりしていました。
それほど欲しかったんです。

「バイナリ畑でつかまえて」はIT Mediaで連載していたITと人間の接点を描いたウェブ漫画で、一回が3、4ページくらいのお手軽感はあるものの、なんというかその数ページで「巧さ」をみせてくれる漫画です。
作者が技術系の編集やライターをやっていた異色の経歴の持ち主だからできることなのか、人と技術の接点を際立たせつつもすんなりと自然に表現し、クスッとさせられたりグスッとさせられたりします。

最後にひとつだけ長めの話があるのですが、好きな女の子が亡くなって、その子のライフログを学習して育った人工知能とデートにでかけるというのがあります。
人工知能を通して人間そのものの儚さと強さを伺わせる内容でこの話のために1080円払ったといったもいいかもしれない。

あと将棋でプロに勝った人工知能「ポナンザ」の開発者との対談も載っててそれもとてもおもしろかったです。

最近、「AIの遺伝子」というタイトルでチャンピオンで連載していますが、こちらはブラックジャックを読むような感覚で楽しめる漫画となっています。
ただ作者ご本人が言うように週刊誌での仕事となると作業内容が変わったということで(締め切りとアシスタントを使う必要が出てきた)、絵が少し簡素になった感じがします。
バイナリ畑のほうがかわいい子が多いような(笑)

まあなにはともあれ、おすすめの一冊です。
別に本を買う必要もなく、「ITMedia バイナリ畑で」で検索すると見ることができますよ。
(僕が買ったのは好きな作品だからというのと、いいものを作った人にはちゃんと投資したいじゃないですか)
posted by B.cos at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。