2015年12月30日

サカサマのパテマ



乱暴に要約すると
 
「親方ー!空に女の子が落ちていきます!」
 
っつー話です。
地味っちゃあ地味だし、「女の子に抱きつかれたいよね!!」という男子の下心から始まってそうな企画だし、似た設定の映画があったような気もしたけど(笑)、パズルのピースがつながるように話が進んで面白かったです。
年末年始、暇でレンタルビデオ屋にいってもなにもパッとしたものがなかったら、この作品を選ぶのもアリだと思います。
posted by B.cos at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

キルベジ



スマホゲームもう一個。
スマホで今年一番面白いと思ったゲームかもしれません。
へたくそな説明を書くよりも宣伝用動画をみたよーくわかると思います。
迫ってくる敵を狙って撃って爆発させて連鎖させる、そして勝つ。
それだけ。
 
最近の日本でスマホゲーというとカードゲーム的に手駒を集めて、ポチポチ押して、アクション性があってもキャラクターが自動で動いてプレイヤーはそれをみてるだけ〜ってものが多いのですが、そういうのばかりがDLされてばかりってのは寂しいと思いませんか。
まったくもって多様性のないつまらない世界です。
(言っておきますが決してカードゲーム形式がダメだと思ってません。面白いものは面白いです)
 
このゲームみたいに、ゲームの中のキャラクターが強化されるだけでなく、プレイヤー自身の腕前や判断力が上がっていくゲームがもっと注目されていいと思います。
ただポチポチするだけの積み重ねていく形式のゲームばかりだと飽きられた瞬間、恐竜が絶滅したようにスマホの文化が一気に冷めてしまうように思います。
なんにしたって楽しみ方に多様性はあるべきです。
お堅い話になったかもですが、やられて腹が立って、やり返すために努力して勝つ。
プログラム内の乱数に左右されるだけじゃない、自分の手もまた勝因となるゲーム、そういうほうが僕には好ましいです。

posted by B.cos at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KickBoxing Road To Champion

device-2015-12-27-182654.pngdevice-2015-12-27-182825.pngdevice-2015-12-27-182813.png

GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ImperiumMultimediaGames.KickboxingRoadToChampion
フリー版は自由に対戦相手を決めて戦うクイックファイトだけとなっています。
 
[基本操作]
ジャブ・ストレート:画面右側上の方をタップ
フック:画面右側上の方を右スワイプ
アッパー:画面右側で上の方へスワイプ
ボディジャブ・ストレート:画面右側下の方をタップ
ボディフック:画面右側下の方を右スワイプ
ボディアッパー:画面右側で下の方へスワイプ
ローキック、ミドルキック、ハイキック:左下に赤いボタンが出たらそれをタップ
その他特殊技:右下に青いボタンが出たときにそれをタップ(前蹴り、テンカオ、ジャンプ蹴り、後ろ廻し蹴り、バックハンドブロー)
 
左へ回り込む:画面左側で上へスワイプ
右へ回り込む:画面左側で下へスワイプ
ブロック:画面の右側と左側を同時にタップ
 
スマートフォン用に考慮された操作方法になっている対戦アクションとなっています。
K-1好きだったらモデルが誰なのかわかるくらいしっかりしたグラフィックでモーションもよくできている。
操作もタップとスワイプだけでいろんなアクションをおこせて、操ってる感覚も悪くない。

しかしゲームとしては異常なほど単調なものだったのが残念でした。
相手の攻撃をブロックして、攻撃、相手の攻撃をブロックして、攻撃、の繰り返しで、大技が入ってもダメージはそんなになく、カウンターもありませんでした。(流血はあります)
そのメリハリのない状態を3分から8分くらい繰り返すので、途中から「めんどうくさいなあ。勝てなくてもいいかなあ」とか考えるようになってきます。

そして何よりも痛いのが、キャラクターごとの違いは少々の体力ゲージや攻撃力の違いしかなく、ほとんど同じ技でした。
キャラクターは10人以上いるのにさすがにそれはもったいないな、って思いました。
個人的に「もうちょっと」が欲しかったゲームです。
 
追記:
ちなみに日本の格闘ゲームみたいにコンボゲーと思ってやると痛い目にあいます。
入力した操作は入力された順に確実に実行されます。
よってブロックしたいときにブロックできないし、当てたいタイミングで技が出せず数秒後にテンカオが出てくるとかたくさんありました。
開発者は先行入力を3,4個までで切るべきだったのではと思いました。

posted by B.cos at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。