2014年11月23日

「GROUNDLESS」単行本化と影待蛍太さんという漫画家。

DSC_2229.jpg


無料版は本家HP、有料からは「パブー」で読んでたWEBコミックの「GROUNDLESS」が単行本化されていた。
やはり紙の本のほうが読みやすい。
話は何もかもを失った武器商人の未亡人が狙撃手としての生き方を選んだって話なんだけど、細かいこと抜きでとても面白い。
舞台は島国アストリア、人種差別、主権国と属国、伝染病「腸腐れ」、市民解放軍、島軍、各町の自警団、複雑すぎる事情のなかで登場人物が「いろいろな事情」をもって生きてる、その人物描写だけでも僕はおなか一杯になる。

作者の影待蛍太さんを知ったのには5,6年くらい前にみた2ちゃんのWEB漫画まとめで、そこの読み切りが病気退職してしばらく呆けてたときの気持ちとシンクロするところもあったんだけど、深くのめりこんでしまったんですね。
ホームページ:http://www.coldturbine.com/
無料漫画:http://www.coldturbine.com/manga_free.html

GROUNDLESSもそうなんだけど、影待蛍太という作家の描く「周囲との距離の取り方が下手な人間」とその「周囲」の感覚が、僕だけかもしれませんが、リアリティがあるんです。
特に眼が猫と同じで、猫と同じく夜行性で差別の対象になってる主人公を描いた「猫眼」、主人公と会社同僚の本音が交錯して実はすれ違っていたときの居心地の悪さは秀逸だと思った。
ネガな人間の気持ちの微細な部分を描くのがうまいな、と思ったのですよ。
猫眼:http://www.coldturbine.com/nekome01.html

P.S.GROUNDLESSは最初の方と最新話だけ無料でもみられます。
http://www.coldturbine.com/manga_ppv.html
posted by B.cos at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

漫画「あさひなぐ」をおすすめしたい!

あさひなぐ 13(試し読みあり)
http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091865090

1414772605624.jpg 1414772575253.jpg 1414772616434.jpg

あさひなぐ13巻読了。
あいもかわらず名セリフ満載だった。
さくらちゃん復帰の言葉がワナビー思想が蔓延してた世代の僕には印象的だった。
自分にとって大切な何か=自分が一番上手にできること、ではない。
結果はどうあれ続けられるかだ。
要は愛だ(恥)

この漫画はもっと知れわたってもいいと本当に思ってる。
適度に健康的で過激に走ることはない、力みすぎもしない。
だけど、「努力する」「強くなること」の厳しさとすばらしさを多彩な視点から具体性をもってここまで純粋にメッセージ化している漫画は僕は見たことがない。
「戦う」競技をしている人たちにこそおすすめしたい。
薙刀や剣道だけじゃない、強くなりたい、負けたくないと思ったときの気持ちはやはり共通すると思う。

ま、どんなに胸ときめく展開になっても、防具の匂いで台無しになるんですけどね!
特に篭手で!!(笑)
posted by B.cos at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする